気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『気持ちのゆとりが、体調管理のココロを生む』

【日々雑感その235】
『気持ちのゆとりが、体調管理のココロを生む』

9月は雨が多くて、天候不順な日ばかりでした。

f:id:senkichan:20180808125245j:plain

というのも、10月に入って、お久しぶりに鍼施術に足を運んでくださる年配の方々、やっぱり足元が気になって、外出できなかったと話してくれます。

 

もちろん、日常のお買い物や生活で必要な外出はされるでしょうが、わざわざ鍼施術に足を運ぶまで、ココロに余裕がなかった。

外出への用心深さは、カラダの萎縮とも関係あります。

 

フットワークが鈍るのは、カラダへの不安感があるのかと。

そんなときに、気持ちとカラダに無理を強いてでかけると、思わぬケガに結びつく。

f:id:senkichan:20180803134533j:plain


よっぽど具合が悪ければ、きっと天気に関係なく、たとえば、鍼施術にお越しになられることもあるでしょう。

実際、腰や膝、風邪や胃腸症状を訴えて、ご家族に抱えられてお越しになられる方々も、9月の悪天候続きの日には、多かった。

f:id:senkichan:20180806130930j:plain


久しぶりに足を運んでくださる年配の方々、気晴らしがてらにお越しになられ始めたみたい。

とはいえ、久しぶりだけあって、それなりに悪天候の影響を、カラダは抱えておられる。

気持ちにゆとりが生まれて、おしゃべりがてら、気晴らしがてら、カラダのことを気づかう時間として、ぼくに会いに来てくれるのは、なんだかうれしい。

f:id:senkichan:20180927105151j:plain


そんなわけで、大きな声で、おしゃべりしてくれる声を聞きながら、秋冬のカラダ作りのお手伝いをさせてもらいます。

 

気持ちにゆとりがあるからこそ、自分のカラダまで、気配りするゆとりが生まれるのかな。

そんな気晴らし、体調管理のおココロを、ちゃんと受けとめて、施術の時間を演出したい。


東洋医学のメルマガ、毎週金曜日に配信中。

www.mag2.com