気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『秋バテにはお灸』

【日々雑感その233】
『秋バテにはお灸』

日本人には、なじみだったお灸。

近年では、なかなかお灸を使った自宅でのセルフケア、ファミリーケアって、なかなかないみたい。

10年ちょっと前は、妊婦さんの安産のお灸なんてブームもあったんだけどね。

そんな折、お灸教室とか、ぼくや鍼灸師の妻は、ご依頼いただき開催させていただいたこともありました。

f:id:senkichan:20180929105924j:plain


いまだに、お灸ファンの方は、鍼施術にお越しになられた時、お灸のツボをつけて、ご自宅でされているみたい。

今年の不順なお天気の中、やっぱりお灸はよいのですよねぇ。

ちなみに、秋バテのお灸は、「足の三里」というツボがファーストチョイス。

今、胃腸が弱っている人が、どうも多いみたい。

スネがこわばる、ひきつれる、胃もたれや、足腰の冷えや腰痛、こんなひとには、「足の三里」のお灸、すすめたいねぇ。

f:id:senkichan:20180929105902j:plain


ちなみに、肉体疲労の「足の三里」のツボと、胃腸症状の「足の三里」のツボ、ちょっとずれているので、使い分けした方がよいのだよねぇ。

こんなこと、11月からリニューアルするメルマガにも、掲載したほうがいいかな。

ちょっと、検討してみよう。


東洋医学のメルマガ、毎週金曜日に配信中。

www.mag2.com