気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『映画「響ーHIBIKIー」のとらえどころ』

【日々雑感その213】
『映画「響ーHIBIKIー」のとらえどころ』

次女と、映画を観に出かけました。

www.hibiki-the-movie.jp

ギュギュッと内容を詰め込んで、内容の濃い作品だったなぁという印象。

主眼をどこにおくかで、見え方が違ってくる奥行きも、ぼくにとっては「おもしろみ」でした。

率直な感想が、なかなか出てこない。

f:id:senkichan:20181005060538j:plain


じつは、事前に、妻から原作の漫画を借りて、10巻まで読んでみました。

漫画の方が、映画のような短時間名制約がない分、奥行きの部分もていねいに描きこまれているので、余計に読み応えがあります。

そんな事前の知識もあるせいか、響という主人公を取り囲むそれぞれの登場人物への、思いへ触れてみようと思うと、やっぱり映画は内容が圧縮されていた、かな。


映画は映画で、ぼくの中では、いまのところ、主眼をどこにおいてみたらよいかなぁと、とらえどころを探している最中。


東洋医学のメルマガ、毎週金曜日に配信中。

www.mag2.com