気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『不安を抱えた相談ごと』

【日々雑感その189】
『不安を抱えた相談ごと』

未知のことに臨むとき、踏み出す道のことばかりでなく、その周辺にまで、不安の要素があること、あるみたい。

f:id:senkichan:20180925173201j:plain

未成年の方が、親に内緒で、バイトの算段。

バイトを始めることへの不安よりも、バイトを親が許可してくれるかどうかの不安の方が大きい。

 

自分が生かされている場を、ちゃんと居心地良く維持できるかどうか、お若い方には切実な問題。

お若いのに、ちゃんと自分が「バイトをする」ということの周辺環境(家族関係まで含めて、ね)まで気配りしている、ということに、まずは賞賛をおくります。

f:id:senkichan:20180925141644j:plain

そのうえで、「なんで、バイトをするの?」ということに対して、ひとつひとつ設問を立てて、明快で必然的な意味や理由を導き出します。

 

自分が「なぜ、バイトをするのか」ということに、明確な意義を納得して見出した時、親御さんに自信を持って相談できるんじゃないかな。

 

f:id:senkichan:20180918102226j:plain

まだまだ親がかりの学生さん。

親の顔色も、自分が生きていくうえでは、とっても大切な要素。

 

不安を抱えて隠しておくよりも、ちゃんと向き合って相談する「準備」をした方が、ココロを丈夫に保てます。

 

不安が解消されて、次の行動が腑に落ちた時、カラダの重荷も楽になるみたい。

 

f:id:senkichan:20180925132354j:plain

ちょっと深刻になりやすい深まる秋。

ココロとカラダの重荷を、吐き出す言葉にのせて、上手に息抜き。

鍼施術でも、占いでも、そんな場所を作ってみたりして。


千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

eki-senrigan.jimdo.com