気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『お天気模様と心模様』

【日々雑感その183】
『お天気模様と心模様』

今日は朝からの雨降り。

うすら寒くて、カラダが温まらず、気力が高まりにくい一日になったんじゃないかなぁ。

f:id:senkichan:20180917090535j:plain

ココロを支えるカラダが、こんな風に元気が出ないと、気持ちも落ち込みやすい。

ひとはお天気を含め、環境に左右される。

お天気にふりまわされる、というか、常に順応しようとするわけですね。

そんな毎日の変化も、あまりにも天気が不順だと、追いついていかない。

結果、天気にふりまわされて、カラダが安定せず、ココロもフワフワと落ち着かない。

f:id:senkichan:20180919145659j:plain

9月は秋の長雨や台風で、お日様も出ないから、気持ちもなかなか晴れ晴れしないですね。

この時期、気持ちが落ち込んだり、さみしくなるのは、カラダの冷えと疲れ(消耗)が原因。

 

うすら寒さに反発する元気のあるカラダは、発熱を伴う風邪をひきます。

風邪をひく元気のないカラダは、お天気模様と同調して、無気力になり、心模様もお天気のようにドンヨリと。

 

意外と、鍼の施術で、そんな無気力が楽になる。

カラダは常にお天気に順応しながら、元気になろうとしています。

そんな元気になる仕組みを、鍼の施術が先回りして、助けちゃう、ってことですね。

f:id:senkichan:20180916101938j:plain

別に、鍼の施術じゃなくてもいいのかも。

あったかいココア一杯、だれかとおしゃべりしながら、ホッコリあったかい時間を過ごすだけでも、ココロとカラダの冷え込みは、解消できるんじゃないかなぁと。

できれば、機嫌のよいひとを捕まえて、そんな時間を過ごせたら、いいのかと。

f:id:senkichan:20180918122056j:plain

一見過ごしやすそうな秋ですが、イヤイヤ、意外と暮らしの工夫が、とっても必要。

秋の暮らし方を東洋医学視点で、メルマガでご紹介中。

 

メルマガ・鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」

www.mag2.com