気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『カラダの声にしたがってみる』

【気ままに太極拳日記201】
2018.8.28
『カラダの声にしたがってみる』

定休日である火曜日。

今日は朝から歯医者さんにでかけました。

以前詰め物をしていたところが、しばしば詰め物が取れちゃう。

そんな相談をして、対策をすることに。


朝から歯医者さんに行く準備と称して、何も食べずに午前中すごしていました。

歯医者さんからの帰り道、「昨日の雷すごかったねぇ」とか「今日もむし暑くて汗が出る」など、通りすがりのご近所さんとおしゃべり。

なるほど、たしかに蒸し暑い。

f:id:senkichan:20180710160900j:plain


日差しは強くないのですが、湿度高めで、やはり、今日も雨降りの予感。

カラダがどこかふくらんで、気だるさも感じます。

帰宅して、食事の前に太極拳錬功と思い突き、さて、なにをしたものか。


ふと、カラダに目を落とせば、食事をしていないはずなのに、お腹がちょっと出っ張る感じ。

ふむふむ、今日のお天気の影響で、お腹にしまりがないのだねぇ、ということに。

そんなわけで、お腹が引き締まる錬功から始めます。


体幹部をブンブンねじるような動作をしばらく。

最初は、ただただコマが回るように、中心線を意識して。

そのうち、肘や肩、ひざや足をあわせて、体幹部をねじっていく。


体幹部をねじることに執着すると、カラダが固くなり、気持ちもイライラしてきます。

そうならないように、体幹部が動いていることを確認しながら、こだわりがうまれないように、カラダのあちこちで体幹部のねじれをうながす。

言葉では難しいけど、やってみると、意外と心地よく簡単。

f:id:senkichan:20180809124723j:plain


なんとなく疲れやすく不機嫌になりがちな本日。

不順な天気が続くならば、きっと明日も鍼の施術が忙しいかな。

そんなぼく自身のカラダの備えをしながら、美味しいランチをいただくことができたのだとさ。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com