気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『アタマのカロリー消費を抑える』

【日々雑感その161】
『アタマのカロリー消費を抑える』

今朝、豪華客船から海に落ちて、10時間、海上に浮かんで救助されたイギリス人女性の報道を見ました。

幸い海水温が高かったことと、海に落ちた女性は無駄に動かなかったことが、今回の無事の救助につながったのだとか。


ひとは、不安になると、アタマの中でいろいろなことを考えてしまいます。

じつは、脳みそがフル活動すると、お腹が減る。

エネルギーを随分消費してしまうのですね。


エネルギーを無駄に消耗しないためには、あまり思い悩まない。

日常生活の中でも、疲れを感じる時、色々考えるよりも、さっさと寝てしまうのが得策。

ついつい考え事が、思い浮かぶ人は、感覚することに意識を集中するとよい。

手のひらや足の裏で、触れているものを感じとろうとしてみるとか。

数を数えるのもよいとされますが、「これはなんだろう?」と、感覚することに集中することができたほうが、考えることからはしっかり離れることができる。

f:id:senkichan:20180614154618j:plain


アタマのカロリー消費をおさえて、低燃費に過ごそうと思ったら、手のひらや足の裏、背中で触れているものを感じてみよう。

ぼくは、自分の姿勢やお腹の具合に、思いをめぐらせることが多いです。

イライラ考えにふりまわされるよりも、今現在のカラダの感覚に思いをはせてみると、精神の安定は取り戻しやすい。


海で遭難するわけではないけど、人生の荒波にもまれて過ごす中では、ときどき感じることに、身をゆだねることもあっていいんじゃないのかな。


千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

eki-senrigan.jimdo.com