気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『空想する時間の有意義さ』

【日々雑感その160】
『空想する時間の有意義さ』

空想する、って、自分の枠を取っ払って、自由に思考を楽しむことができる、ちょっと子どもっぽいかもしれないけど、楽しい時間。

そんな空想する時間を、ときどき持つことで、とらわれていた自分の枠の窮屈さから離れたり、締め付けられていた固定観念を取り払うことが、一時的でもできるんじゃないかな。


空想することができないのは、なにか、とらわれた考え事をもっているから。

気分転換の散歩や旅行は、非日常に身を置くことで、積極的に空想する時間を作りだす。


いつも旅行や外出できるわけじゃないけど、そんな空想の世界に飛び込むコツは、いつかどこかで覚えておいた方がよい、なんて思います。

ココロの逃げ場所や、憩いの場所があった方が、ピンチに陥った時、どこかで冷静に解決の糸口をひらめく機会をもたらすことができそう。

f:id:senkichan:20180810103302j:plain


ぼくは、持ち歩いているタロットカードを、ときどきめくってみて、リーディングという手法を使って、カードとの対話を楽しみます。

空想の時間でもあるし、思考の幅を広げたり、リミッターをはずせる時間でもある。

固定観念に縛られた思考では、よいアイディアが思い浮かばないし、直感も働かない。

鍼の施術のお仕事にしても、占いのお仕事にしても、インスピレーション=直観は、とても大切なセンスです。


空想くらいできる、ココロのゆとりは、いつも持ち合わせていたい。


千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

 

eki-senrigan.jimdo.com