気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『エアコンの冷気を、あらためて感じる』

【気ままに太極拳日記190】
2018.8.17
『エアコンの冷気を、あらためて感じる』

今朝は、ちょっと風が強いけど、比較的さわやかな日を過ごせます。

室内で窓を開けて過ごしていられるくらい、心地よい気温。

当然、エアコンも必要なし。


エアコンをつけないでいると、なるほど、今までエアコンの冷気に対して、カラダがこわばっているのを、あらためて感じます。

無自覚にこわばるカラダは、肩コリや頭痛、腰痛や膝痛症状を引き起こしていたかもしれません。

長期間、エアコンの冷気にさらされるカラダは、自律神経のバランスを崩したり、消化器系、泌尿器系にも、負担をかけていたかも。

f:id:senkichan:20180804195141j:plain


エアコンをつけるメリットとしては、熱に弱い循環器や呼吸器が楽に過ごせること。

要するに、息が楽で、無駄に汗をかかないってことですね。


まだまだ厳しい残暑の頃だから、暑さがどうなるかわからないけど、ひとまず、今日の過ごしやすい一日は、カラダのこわばり取りには、よい日です。

太極拳の錬功をしていても、エアコンで冷える方のこわばりを、朝から感じないですんでます。

本格的に涼しくなったら、蚊も出てこなくなるだろうし、そうなったら、表での錬功も再開しようかな、なんて気分になる今日のさわやかな晴れ間、だったとさ。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com