気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『カラダがばてると細くなる』

【気ままに太極拳日記188】
2018.8.15
『カラダがばてると細くなる』

夏バテして、カラダが疲れると、足腰が細くなります。
(カラダが冷えている人は、もしかしたら、むくんで太くなるかも)

とくに、夏場、脚やお尻が小さくなった人は、夏バテです。

カラダは消耗すると、萎縮してやつれて、細く見えます。

筋肉がキュキュッとひきしまって、カラダが「ひきあがって」いる状態は、見た目がかっこいいです。

カラダがやつれて、筋肉がカチカチッと萎縮しやつれると、カラダは「縮こまって」いる状態で、丸まるような姿勢はカッコ悪いです。

f:id:senkichan:20180809124723j:plain


夏場のダイエットと称して、キュキュッとひきしまっているひとは、かっこいいですが、無理なダイエットでやつれているひとは、貧相に見えます。

疲れて無理な力が入ると、その無理な力を使い続けることで、体力をむやみに消耗する。

ぼくは、太極拳の錬功を通して、そんなカラダの無理、無駄な力がはいっていないか、毎日確認中。

厳しい残暑、カラダがやつれないように、注意しとこ。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com