気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『ぼちぼち手帳を考える』

【日々雑感その157】
『ぼちぼち手帳を考える』

数年前、「ほぼ日手帳」という手帳をつかっていました。

一日一ページ、かけるスペースがあり、当時は、いろいろメモを取ることが多かったので、好んで2~3年、つかっていました。

それから、ここ2~3年、「EDIT」というシンプルな手帳に変えました。

相変わらず、メモを取るのですが、別にメモ帳を持ち歩くようにしています。

f:id:senkichan:20180808133738j:plain


「EDIT」という手帳は、軽くて書きこむスペースもあるので、重宝しているのですが、ここのところ、ちょっと書きこむ量が増えている。

メモ帳を別に持っているのですが、以前の「ほぼ日手帳」のように、手帳とメモ帳が一体型になっている方が、都合がよいなぁと思うこの頃。

さてさて、ほんとうに、ジャンジャン書くようなら、再びぼくは、「ほぼ日手帳」に戻ろうと思いますが、これから年末までの間、自分の手帳の使い方の観察を始めます。


毎年、手帳を選ぶのに、いろいろ自分のライフスタイルを振り返るのですが、書いたり書かなかったりが、マチマチなぼくのライフスタイル。

今年は、ブログも始めたし、ちょっと書く機会、増やしたいなぁと思いつつ、手帳についても考え始めてみましたとさ。

 

千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

eki-senrigan.jimdo.com