気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『おぼつかない足元』

【気ままに太極拳日記183】
2018.8.10
『おぼつかない足元』

8月に入る前から、足をけがする人が増えているなぁと実感。

なんとなくフラフラっとして、足首やひざを痛める怪我をするみたい。

数年前の猛暑の年、足首や足の甲を骨折する人が、多い年があった。

それと、なんだか状況が似ているなぁと、思います。

f:id:senkichan:20180808133720j:plain


暑さや台風の影響で、自律神経のバランスが狂っているのか、重心が上がって、足腰に力が入らない人は、とても多い。

足元のケガをする人の多くは、肩や首に力が入り続けていて、重心が上がっているから。


今、足元のケガをする人は、上がりきった肩首の緊張から、秋口に入って涼しくなると、呼吸器系の症状や精神症状がおこりやすくなるんじゃないかな。

数年前の猛暑の年を思い出す。

f:id:senkichan:20180810103302j:plain


今年は特に暑い。

ぼくも、エアコンの効いた部屋で一日中過ごしますから、自律神経の働きは、ちょっと怪しいのかもしれません。

それでも、毎日、カラダの修正がかなえば、疲労やアンバランスの蓄積は軽減できるかな。

幸い、ぼくの足腰は、比較的しっかり地面をつかんでくれている。

仕事の性質上、あまり肩肘張って切羽詰まることもないしね。

f:id:senkichan:20180809124723j:plain


そんなわけで、足元のけがをされる方にそなえて、ぼくはぼくなりのコンディショニング。

太極拳で、ね。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com