気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『ココロのゆとり』

【気ままに太極拳日記177】
2018.8.4
『ココロのゆとり』

最近、鍼の施術の際、お部屋に音楽を流しています。

理由はいろいろあるのですが、そんな音楽が流れていること、体調の悪い方は気がつきません。

痛みや苦しさにココロがとらわれていると、周囲の状況に、気を止めることができないわけですね。


鍼の施術を終えた後、具合がよくなると、はじめて、そんな音楽のことに気がつかれる方もいらっしゃいます。

f:id:senkichan:20180804195141j:plain


太極拳は、周囲の状況に耳を傾け、感覚を開いて、お稽古をします。

身のまわりの状況に合わせて、カラダを変化させて順応していく武術ですから、なにかにとらわれている状態だと、都合が悪い。


ぼくは、今日の午後、お出かけする機会がありました。

薄曇りでしたが、気温はやっぱり高め。

熱中症の心配もあるので、息が上がらないよう、カラダの様子を感じながら、歩くペースを配分します。

f:id:senkichan:20180803134647j:plain


暑ければ暑いなりの歩き方、湿度が高ければそれなりの歩き方。

カラダを軸にして、周囲の状況に合わせた過ごし方ができたら、大病の予防になるのかな。


そんなわけで、今日はよいお出かけができましたとさ。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com