気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『無理は禁物』

【気ままに太極拳日記174】
2018.8.1
『無理は禁物』

暑さでカラダがばてやすい。

カラダを使ったお稽古ごとも、無理がたたると熱中症、なんてことに。

ぼくの健康維持と増進を目的にした太極拳の取り組みでは、なまけちゃいけないけど、無理に動くことも注意しています。

f:id:senkichan:20180720154136j:plain


なんでも、全身でマッタリなじませるように、取り組むようにしたら、意外と楽に過ごせる。

筋トレで、腕立て伏せするのでも、腕の力だけに頼らないようにすると、余計な負荷が腕にかからなくて済みます。

なんてこといっていると、負荷をかけて筋肉量を増やすことが、できなくなっちゃう。

そう、それこそ、ぼくの目指す太極拳

f:id:senkichan:20180712143331j:plain


局部の負担で、筋肉に疲労が残らないように、上手に全身を使って動くことを目的にしているので、腕や足はむやみに太くはなりませんね。

疲れ知らずで、今年の猛暑も、カラダの動きに「アブラをさしながら」、太極拳の錬功に励みます。

秋が深まる頃、夏バテが残って「秋バテ」なんてことにならないように、今から疲労の対策は必要なんじゃないかな。

何事も、無理は禁物。

いつも言っていることだけど、まわりで「ちょっと無理しているんじゃないかな?」というひとを、しばしば見かけるもので、つい、ね。

f:id:senkichan:20180710160900j:plain


今日の土用の丑の日の「うなぎ」を食べたくらいじゃ、今年の猛暑対策には、ちょっと追いつかないかもしれない。

ぜひぜひ、日常の無理を「断捨離」してみてくださいませ。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com