気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『台風接近の備え』

【日々雑感その139】
『台風接近の備え』

台風12号が今日あたり、関東地方にも精力をのばしてくるとのこと。

ぼくの住んでいるところは、川がそばなので、ちょっと心配。

今年は、水の被害が全国的に多いですね。


台風の影響は、地域や水場ばかりではありません。

顕著に台風の影響を感じているのは、じつは我々ひとのカラダ。

野菜が高騰する時、ひとのカラダも具合が悪くなる。

野菜もひとも、自然環境の影響を、常に受けながら生きていますからね。

f:id:senkichan:20180610194235j:plain


というわけで、鍼灸師と言う仕事をぼくは日頃しているわけですが、鍼施術にお越しになられる方々のカラダを拝見していても、湿気や低気圧の影響を感じますし、率直に、患者さんから、低気圧・湿度の影響症状の訴えを聴くこともあります。

台風接近間近の今日の午前中、雨風の心配のある中なのでしょうが、鍼施術を受けに来られる方が、意外と多い。


湿気の影響は、下半身の冷えやこわばり、痛み。
足腰の保温をすることで、湿気対策になります。

低気圧の影響は、むくみ、腫れ、ふくらみ、腹部のガス。
腹巻、サポーター、靴下で、軽く局部を圧迫しておくだけでも、ちょっとは楽。


昨日配信のメルマガでも、台風の備え記事を掲載しました。

なにせ、台風の影響って、天気図に台風があらわれるころから、症状が出始めます。

台風の渦中にいるときは、カラダはスッカリ低気圧に慣れて、症状が楽になる。

そんなわけで、今週前半から、台風の備えに鍼施術で体調管理を求められる方が多かったのだとさ。

 

千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

eki-senrigan.jimdo.com