気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『連日の暑さに、慣れ???』

【日々雑感その125】
『連日の暑さに、慣れ???』

毎日暑い日が続きます。

そう、暑いです。

体力を消耗するくらい、暑いはずです。


ぼくは、暑さによる体力の消耗を、自分の自覚に頼らず、腹筋のこわばり加減で、チェックしています。

あと、お天気予報の「今日の最高温度」。

このあたりで、今日の自分の暑さによる消耗具合を、客観的(?)に決めています。


暑いと、自分の感覚が乱れます。

暑さに慣れている、と錯覚するわけです。

(暑さは、脱水とともに体力を消耗する「邪気」と東洋医学では考えます)

f:id:senkichan:20180702134724j:plain


ぼくが、体力の消耗を感覚(自覚)と一致して感じられるのが、26℃。

27℃を超えると、暑さで体力を消耗していくのですが、感覚がマヒしてきて、暑さに慣れたように錯覚をしはじめます。

(感覚的に慣れたように感じても、カラダが受ける負担は、変わらない)


もともと暑さに弱いぼくが、連日30℃越えしている夏日に、カラダが適応できるわけはありません。

ヨワッチーぼくのカラダの「高をくくって」いるので、暑い日が続くと「ぼくは疲れているはず」と、自らにブレーキをかけます。


ぼくは、そのくらい、猛暑の時は、カラダの消耗具合に用心しています。

鍼の施術を受けに来られる方で、「まわりのひとは平気なのに、私だけ具合が悪い」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、それ「正解」です。


もともと暑さに対する耐性を持っている人もいますが、連日の猛暑は、やっぱり体力を奪っているんじゃないかな。

感覚的に暑さに慣れたように感じることはあるかもしれませんが、体調とずれていることもあるから、今年の夏はご用心。

鍼施術の臨床の場で、そんな話をさせてもらうことが、多くなっているこの頃。

ちょっと気になったので、ブログにも書き込んでみましたとさ。


体調の振り返り、大事だね。


千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

eki-senrigan.jimdo.com