気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『可能性は、ひろげる』

【気ままに太極拳日記126】
2018.6.14
『可能性は、ひろげる』

普段、立ち仕事の患者さん。

前屈する運動が、苦手とのこと。

一念発起して、ヨガを始めて、毎日、前屈のストレッチを習慣にし始めたそうです。


立って仕事をしていると、腰はどうしても反りやすくなりますね。

反りっぱなしの腰は、たしかに、前にかがむ機会がないため、前屈が苦手なカラダにはなりますね。

仕事柄しょうがない、といわずに、仕事から離れた時こそ、カラダの別な可能性を広げることって、すごく良い取り組みだなぁと思います。

f:id:senkichan:20180614154618j:plain


ぼくも、仕事柄、カラダを運動させる幅なんて、ほんのわずか。

だからこそ、太極拳なんていう、現代人のカラダの使い方の幅の外のことを取り組みます。

太極拳の良いところは、現代人が失ってしまった本来のカラダの使い方をとりもどせること。

アタマを使う仕事から離れたぼくは、そんな動物的なカラダの使い方をとりもどせるように、カラダの幅をちょっとだけ、ひろげてみます。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com