気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『やればやっただけの成果』

【気ままに太極拳日記97】
2018.5.16
『やればやっただけの成果』

太極拳錬功を始めてきて、おもに足腰のつかい方をおさらいし続けてきました。

なるほど、やればやっただけの成果は、出ているみたいです。

ただ、やったことしか、成果は出ない。

足腰の使い方は上手になったけど、丈夫になっていない。

さてさて、では、課題は何だろう。

f:id:senkichan:20180503120949j:plain


そんなわけで、足腰のパワーアップをするために、丹田を養う錬功も始めようかと。

そもそも、太極拳の気功的な要素をちゃんと過ごしていれば、丹田は養われて丈夫になるはず。

ところが、ぼくの場合、カラダの使い方=気のめぐり に重きをおいてきたので、あまり気功をやっていませんでした。

f:id:senkichan:20180409140707j:plain

そんなわけで、下腹を丈夫にしようと言うことで、下丹田の気功を、もう少し積極的にやって、足腰を丈夫にしようかと。

座りっぱなしの仕事では、ちょうどいいかもね、なんてね。

 

東洋医学と暮らしのメルマガ描いてます。

www.mag2.com