気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『歩くから立つへ、そして再び歩く』

【気ままに太極拳日記41】
2018.3.21
『歩くから立つへ、そして再び歩く』

歩法の再確認をするために、一度、こまかく立つ、ということをおさらいしました。
当然、10日ほどおさらいしても、たいして進歩はしないですね。
自己満足できるほど、集中して取り組むこともできなかったし。

 

そして、そんなダラッとした振り返り、取り組みが、じつはとても大切。

 

なにか目標を持って取り組んで、結局、結果が出ないと落ち込むことになります。

 

自分のやっていることに、余計な期待はしない。

f:id:senkichan:20180412175943j:plain

そもそも、カラダの微調整って、とても精密で自分のことを自分でやったところで、そんなすぐに結果が出るわけではない。

 

でも、結論は出ます。
見直してもできないことはわかりました。

 

そんなわけで、気がつかないくらいの進歩ができたかどうか、再び歩いてみようかと。

 

あいにくの今日の雨雪では、ご近所の公園でというわけにはいかず、ひとまず、お部屋の中でこじんまり。

 

東洋医学のメルマガ描いています。

www.mag2.com