気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『夏バテ対策は肩をおろす』

2018.8.16
『夏バテ対策は肩をおろす』

肩が上がっていると、息苦しくなる。

あるいは、息苦しいから、肩が上がる。

いずれにしろ、肩が上がっていると、呼吸は浅く荒くなりやすい。

f:id:senkichan:20180810103302j:plain


では、肩をおろしておけばよいわけで。

太極拳の約束事で、「沈肩墜肘(ちんけんついちゅう)」というのがあります。

肘で上がっている肩を、引っ張り降ろしちゃうわけですが、じつは、胸の上の方をあげておくだけでも、肩はおろしやすい。

下腹の方から息を引っ張りこむように息を吸い込むと、カラダがどっしりと重心を下げやすい。

その吸い込む息を、胸の上の方まで吸い上げると、上がった胸が、肩を勝手におろしてくれる。


やってみれば、なるほどの実感なのですが、できてみないと、実感できない。

そして、できない人は、すでに、肩が下りないほど、息切れして、夏バテ状態、というわけ。

肩が下りない夏バテさんは、夏の「バテ=疲れ」を抜くことが、根本的な解決。

まずは、ゆっくり、たっぷり、しっかり、眠ること。

f:id:senkichan:20180814225903j:plain


「熟睡できないのよねぇ」「寝つけないのよねぇ」「寝られないのよねぇ」という方、お盆のころから増えているみたい。

お天気も不順だしね。

そんな方を、元気に鍼の施術でお迎えできるように、まずはぼくが、肩をちゃんと下ろして過ごそう。

 

東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com

『カラダがばてると細くなる』

【気ままに太極拳日記188】
2018.8.15
『カラダがばてると細くなる』

夏バテして、カラダが疲れると、足腰が細くなります。
(カラダが冷えている人は、もしかしたら、むくんで太くなるかも)

とくに、夏場、脚やお尻が小さくなった人は、夏バテです。

カラダは消耗すると、萎縮してやつれて、細く見えます。

筋肉がキュキュッとひきしまって、カラダが「ひきあがって」いる状態は、見た目がかっこいいです。

カラダがやつれて、筋肉がカチカチッと萎縮しやつれると、カラダは「縮こまって」いる状態で、丸まるような姿勢はカッコ悪いです。

f:id:senkichan:20180809124723j:plain


夏場のダイエットと称して、キュキュッとひきしまっているひとは、かっこいいですが、無理なダイエットでやつれているひとは、貧相に見えます。

疲れて無理な力が入ると、その無理な力を使い続けることで、体力をむやみに消耗する。

ぼくは、太極拳の錬功を通して、そんなカラダの無理、無駄な力がはいっていないか、毎日確認中。

厳しい残暑、カラダがやつれないように、注意しとこ。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com

『肩が上がっているとココロが浮足立つ』

【気ままに太極拳日記187】
2018.8.14
『肩が上がっているとココロが浮足立つ』

肩甲骨は、呼吸器や心臓、そして、ココロを守ってくれています。

ココロに負担を感じる人は、ついつい肩甲骨が肋骨の上の方へかぶさるようにして、肩が上がっている。

肩甲骨が浮ついていると、ココロも浮足立つ。

嫌な妄想やネガティブな思いが、どんどん沸き起こってきてみたり。


むやみにドキドキしちゃうこと、東洋医学では「キョウキセイチュウ」なんていいます。

パニック症状のようなものですね。

こうしたココロの不安定さを、カラダの視点から改善していこうと思うと、姿勢を変えてみる、ということを思いつきます。

f:id:senkichan:20180814225903j:plain


単純に肩をおろせばよいかというと、肩が上がってしまう必然を取り除くところからはじめることが必要。

肩が上がらなくても済むくらい、ココロの負担を肩じゃない所で、肩替りできるような仕組みづくりができたらいい。

太極拳錬功では、そんなココロの平安をとりもどす姿勢のチェックがあります。

ジッと立って、「本来の自分」をとりもどす。


夏の疲れや忙しさに翻弄されて、「本来の自分」を見失わないように、ぼくは、太極拳のお稽古で、毎日とりもどす試みを。

 

東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com

『歩くイメージのギャップ』

【気ままに太極拳日記186】
2018.8.13
『歩くイメージのギャップ』

歩いていて、つまづいたり、階段でこけたり、自分が持っているセルフイメージとカラダの働きとのギャップを感じることがあります。

寝起きに階段でふらつく、なんて感じることがある人、それ、です。


太極拳の錬功をしていると、こうした感覚(セルフイメージ)と身体機能のギャップを、つねに埋める作業をしていきます。

自分の体調に合わせた歩き方や立ち居振る舞い方が、毎日修正できる。

f:id:senkichan:20180511125755j:plain


ここのところ、ぼくは歩く時、足が伸びないなぁと感じることがあります。

たまたま鏡で、自分の体幹部をみてみたら、わき腹がくびれている。


腹筋がムキムキしているのは、情緒の不安定さのあらわれ。

わき腹がくびれているのは、寝不足などによる体力の消耗。

すべて、こうした理由ではないですが、不自然な体幹部のひきつれは、あまり良い兆候ではない。


あまり神経質に見える体幹部は、ぼくの理想とするところではありません。

もう少し、ゆとりをとりもどせるように、休養時間を多めにとって見てもよいのかもね。

そんなこと、歩きながら、考えてみたのだとさ。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com

『面白い本の条件』

【日々雑感その159】
『面白い本の条件』

読んでいて、おもしろいなぁと、どんどん読み進められる本の条件の一つに、「自分が知っていることのちょっと外側」が書かれている内容、というのがあるんじゃないかな。

全く知らない知識を読み進めるのって、最初の推進力が必要。

なにかに興味を持って、知って見よう、調べてみようという意欲が必要。

f:id:senkichan:20180614154618j:plain


でも、最初からおもしろいなぁと思える本は、自分の知っていることを前提に、チョビッと新しい知識や知恵、意外な体験や視点がちりばめられていると、興味が尽きない。

なんで、こんなことを書いているのかというと、先日購入した占い関係の本が、そんな本だったから。

一度読み終えて、自分の足りない知識を、他の本で補って、再度読み直し。


このお盆は、そんな自分の知識の厚みを増やすことができたらと思います。


千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

eki-senrigan.jimdo.com

『しっかりため息』

【気ままに太極拳日記185】
2018.8.12
『しっかりため息』

お仕事休みの今日は、ドンヨリとした変なお天気。

そんな変な午前中、ご近所に髪を染めに出かけました。

エアコンの効いた美容室で、のんびり過ごして、よい休みだなぁと。


ただ、はっきりしない湿度の高い日は、息苦しさを感じやすい人、多いはず。

ひとのカラダには、いろいろなタイプがあるのですが、湿度に弱い肩こりさんは、こんな日、息苦しくなる。

呼吸をしっかりうながすことで、体内に停滞する湿気の排泄を手伝うことができる。

f:id:senkichan:20180809124723j:plain


ぼくは、寒さや暑さにも弱いですが、湿気や乾燥にも、弱いです。

鍼施術を受けに来られる患者さんから、「こんな仕事しているから、丈夫なんでしょ」なんていわれますが、そんなことはありません。

陽気の変化に敏感で、変化の負担を人より早く感じるから、対策を早く立てられる。

そんなぼく自身のカラダの特性から、毎週、東洋医学のメルマガなんて、配信できるのかもね。


湿気の高い蒸し暑い日は、呼吸を深く丈夫に行い、カラダの換気をうながします。

手軽ののは、しっかりため息。

体調管理のためだから、きっと「幸せ」は逃げませんよ。


ぼくは、そんな「しっかりため息」をうながすために、髪染めしてフワフワになったアタマで、太極拳の錬功。

早めのお天気対策のおかげで、気楽に過ごさせていただいています。


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

 

www.mag2.com

『考えの根っこ』

【日々雑感その158】
『考えの根っこ』

いろいろ、物を考えます。

考えに考えて、そもそも、何を考えているのか、わからなくなる。

考えることを楽しむだけだったら、それでもよいでしょうが、なにか結論を出したいなら、なんで考えているかの根っこを、つねに見ておく必要があるかもね。

考えの根っこって、考えのタネを「どう感じたか」ってことで、いいんじゃないでしょうか。

f:id:senkichan:20180810103302j:plain


「いいな」と感じたことは、きっと、いい考えの結末を向かるのだろうし、「いやだな」と感じたら、考えも「いやな結論」が導き出される。

出てきた考えに、違和感を感じれば、違和感を考えて、結論を出していけば、自分が考えていることに、なにか実りを見出すことができるかも。


「下手な考え休むに似たり」

下手に考えるくらいなら、考えるのやめちゃえばいいんじゃない、という視点から、考える楽しみ方を考えてみたのだとさ。


千里眼@易占 易占家 仙亀
Webで易占、やってます。

 

eki-senrigan.jimdo.com