気ままに太極拳ブログ

東洋医学視点の太極拳やカラダのことの毎日の思いつきをつぶやきます

『生姜湯』

【気ままに太極拳日記312】
2018.12.16
『生姜湯』

今年の冬、妻がひんぱんに生姜湯をつくってくれます。

生姜にはカラダを温めて、筋の痛みを取り除く働きがある。

食欲をうながして、食あたりの予防にも役立ちます。

朝から冷え込んで、ゆっくり動く太極拳でも、筋のこわばりを感じる頃。

そんな自家製生姜湯のおいしさを、しみじみ感じるこの頃。

f:id:senkichan:20181124114635j:plain


東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com

『冷えのぼせ』

【いんちょのつぶやき 2018.12.16】
『冷えのぼせ』

雨降りと冷え込みが重なると、足元とアタマとの温度差ができます。

湿気で下半身が冷えることで、全身の血流が悪くなる。

カラダの中で体温のコントラストができると、体内の機能は戸惑いを覚えます。

本調子じゃないカラダは、とっても疲れやすい。

いつもと同じじゃないんだよぉ、とカラダのこと、気づかう必要があるんじゃないかな。

f:id:senkichan:20181214134117j:plain


年内は12月29日土曜日までやってます。
年始は1月4日金曜日からやってます。

東洋医学と暦とカラダと暮らしのメルマガ、配信中。
メルマガ・鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」
Vol.304 2018.12.21
~~今週号のお献立~~
1.今週のカラダ暦
『冬場の解毒力、肝機能アップのお灸』
2.病気のお作法 
『やっぱり気になる冬季ウツ』
3.カラダ散歩
東洋医学で知る、冬場のヒートショック対策』
4.ココロ遊び
『冬の風邪予防は、体内のバリヤー強化』
5.Pick up キニナル
『超スロートレーニング』

www.mag2.com

 

『つみかさね』

【気ままに太極拳日記311】
2018.12.15
『つみかさね』

毎日ぼんやり程度の負荷をかけて、太極拳のお稽古をしています。

筋トレやマラソンなどと違い、うっかりすると、日常の生活動作に溶け込んでしまう程度の、まったりした錬功。

それでも、続けていることには、気がつかない程度でも変化が生まれていたりして。

f:id:senkichan:20181128140902j:plain


12月に入ってから、鍼施術を受けに来られる方が増えました。

続けて鍼施術を受けに来られる方もいらっしゃる。

しつこい症状を芯から抜き切るまでには、とても時間がかかる。

それでも、やったらやった分だけ、施術を積み重ねていくだけの効果はちゃんと現れる。

一度にドカンッと結果が出るわけではないけど、体調や体力にかなった程度で症状が変化することで、カラダに無理はかからない。

f:id:senkichan:20181124130143j:plain


カラダを養う食事にしたって毎日の積み重ね。

一発で薬のように効果のある食事って、それはそれで不自然。

毎日の積み重ねには、無理のない範囲での安全な変化を及ぼす効果がある。

鍼施術も、太極拳も、ね。

 

東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com

 

『カラダの優先順位』

【いんちょのつぶやき 2018.12.15】
『カラダの優先順位』

寒くなると肩コリ患者さんが増えます。

鍼施術や温灸施術にお越しになられる方でも、やはりこの時期は、肩コリを訴えてお越しになられる方が、いちばん多いんじゃないかなぁ。

そんな鍼施術を肩に施すと、「アタマのあちこちが痛くなってきた」「背中の方が張ってきた」「腰が痛い」「足が冷える」「腕がだるくなってきた」などなど、肩コリの次の訴えが、次々出てくることがあります。

f:id:senkichan:20181214132926j:plain

じつは、カラダには優先順位があって、最もつらいところが、つねに一番気になるようになっています。

そのため、肩こりが楽になり始めると、次に抱え込んでいたカラダのつらい訴えが、ムクムクとめだつようになります。

そんなわけで、肩コリを訴えてこられる方の「肩」だけみていては、症状とのいたちごっこ

f:id:senkichan:20181213094852j:plain

先回りしてカラダ全体を観る鍼灸師としては、そんな二番目、三番目のカラダのおつらいところも、先回りして施術を組み立てるのですがね。

今気になっているところばかりが、調子の悪いところというだけではない。

 

カラダの優先順位、さてさて、何番目くらいまで順位があることやら。

インフルエンザの流行が声高にもなってきました。

積み重なった体調不良は、早めに棚卸して、クリスマスや忘年会シーズンを、無事に駆け抜けたいですね。


年内は12月29日土曜日までやってます。
年始は1月4日金曜日からやってます。

東洋医学と暦とカラダと暮らしのメルマガ、配信中。
メルマガ・鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」
Vol.304 2018.12.21
~~今週号のお献立~~
1.今週のカラダ暦
『冬場の解毒力、肝機能アップのお灸』
2.病気のお作法 
『やっぱり気になる冬季ウツ』
3.カラダ散歩
東洋医学で知る、冬場のヒートショック対策』
4.ココロ遊び
『冬の風邪予防は、体内のバリヤー強化』
5.Pick up キニナル
『超スロートレーニング』

www.mag2.com

 

『腰は反らない、のばす』

【気ままに太極拳日記310】
2018.12.14
『腰は反らない、のばす』

忙しくなると、肩に力が入って、腰が反りかえって、カラダが窮屈そうな人が増えます。

腰はカラダのバネであり、ココロを支える根気の部分。

f:id:senkichan:20181028121804j:plain


しなやかに伸び伸びした腰は、年末の忙しさを支えてくれます。

カラダを支えるのは足腰。

肩で頑張りすぎて、ココロを追い詰め過ぎないように、今一度、腰をしっかり伸び伸びさせて、ココロとカラダの根気をとりもどします。

f:id:senkichan:20181214134117j:plain



忙しさを手放して、まずは、ボーっと立ってみる。

忙しいかもしれないけど、5分や10分くらい立ちどまる時間があってもいいんじゃないかな、なんて思います。

ぼくの場合は、太極拳のタントウコウ。

f:id:senkichan:20181026105031j:plain


今年一年かけて、ただ立つ、ということを、いろいろ取り組んできたけど、もうちょっと奥行きを広げるため、太極拳の見識を広めてみたいなぁなんて思いつく年の瀬、だったりして。

 

東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com

『率直に、肩コリには、まず鍼灸でしょ』

【いんちょのつぶやき 2018.12.14】
『率直に、肩コリには、まず鍼灸でしょ』

鍼灸師の妻は、せんねん灸のセルフケアサポーターをしています。

調べてみると、肩コリをせんねん灸で対処している人、多いみたい。

なるほど、よい試みだと思います。

f:id:senkichan:20181214132926j:plain

現代人は、思いのほか、肩こりに悩んでいる。

テレビのコマーシャルをみていると、肩コリ以外にも、さまざまなカラダの患いで悩んでおられる方が多いのだろうなぁとも、お見受けします。

 

買った薬でなんとかする、というのもアリだろうし、病院をまず受診するというのも、当然、アリだと思います。

ただ、つらい肩コリには、まず、鍼や温灸もいいんだよ、ということは、知っておいてもらいたかったりします。

f:id:senkichan:20181020103417j:plain

肩が凝るのは、ただ肩がこわばるだけではない。

カラダ全体のバランスや、気がつかないカラダのつらさを、鍼や温灸施術の時、知ることができると、肩コリを含めた生活改善のコツを知ることもできます。

f:id:senkichan:20181128140902j:plain

つらい肩コリを通して、自分の体調を振り返るきっかけとして、鍼や温灸施術を受けられること、おススメしておきたいなぁ、なんて気がつく年の瀬の頃。

 

年内は12月29日土曜日までやってます。
年始は1月4日金曜日からやってます。

東洋医学と暦とカラダと暮らしのメルマガ、配信中。
メルマガ・鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」
Vol.303 2018.12.14
~~今週号のお献立~~
1.今週のカラダ暦
『のどの腫れ対策のお灸』
2.病気のお作法 
『カラダの冷える原因』
3.カラダ散歩
口内炎歯周病
4.ココロ遊び
『眉間はエネルギーゲージ』
5.Pick up キニナル
『食後のミカン』

www.mag2.com

『地面の力』

【気ままに太極拳日記309】
2018.12.13
『地面の力』

太極拳はしっかり足裏で地面をつかみます。

踏んばるわけじゃなく、足裏でしっかり地面をつかみながらも、パッと手放せるしなやかさを持ちます。

太極拳の動作は、地面との力のやり取りが、原動力。

地面の力を上手にやり取りできるしなやかさが必要。

f:id:senkichan:20181119133749j:plain

とくに秘訣になるのが、足裏のしなやかさ。
足裏のグーパーが、しなやかだと、太極拳の動作は有利。

足裏がこわばって、ジッと踏んばると、腰が固くなる。

こわばる腰は、カラダや精神のしなやかさを奪います。


鍼施術の折、腰のこわばっている人、多く見かけます。

ゆっくりじっくり過ごすゆとりがないと、やっぱり腰が固くなる。

ふむ、せわしない師走の景色を、人の腰にみる。

 

東洋医学と暮らしのメルマガ描いています。

www.mag2.com